www.drepla-gifu.com

為替の介入というのは知っていますか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌、報道番組、ヤフー等の報道でご覧になった方もいると思います。そもそも為替介入は日本においては、大臣(財務大臣)為替レートの安定を実現するように用いる戦略と位置づけられています。簡単に言えば、急激な円高もしくは円安になった時に財務大臣の指令に従って日本銀行が円を取引して円相場を安定させるというものです。為替介入とは方法が何通りかあるのです。1.単独介入・・・政府機関や日銀が、東京市場で自らが市場に参入してきて外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談したうえそれぞれの通貨当局の金を使ってみんなそろってもしくは引き続いて為替介入(外国為替平衡操作)を行なう。3.委託介入・・・外国の銀行などへ外国為替市場介入(為替介入)を委任する。4.逆委託介入・・・日銀が異国の銀行などに成り代わって外国為替市場介入(為替介入)を実行する。こんなような種類があります。いずれの種類の為替の介入も短期に、または引き続いて為替のレートにたくさんの影響力を与えると思います。外国為替市場介入(為替介入)の金額はさすが自国の誇りをかけているのですから桁外れです。円を例にみると、いつもは数銭単位で変化している円相場が突発的に大きく変動をするのです。投資家の方ならば体験したことがあると思いますがそれまで問題なく含み資産(あるいは損失)が増えていた保有高を保持していたのですが、持っているポジションが決済したと情報が業者からEメールが届き。得になったのかな(損益が出たのかな)?と思いつつ決済された情報を見たところ、自分が見込んでいた結果とは真逆の事で目を丸くしたケースがあるのです。外国為替市場介入(為替介入)が行なわれた際に多く聞いた話なのです。この例のように為替の介入が施行されると為替市場の流れとまったく反対の変化をすることがわかります。変化する金の範囲は相当大きく動くため気をつける必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.drepla-gifu.com All Rights Reserved.