www.drepla-gifu.com

通常の経験の浅い方向けのFX投資の情報では「損失を被った場合はナンピンで、ポジションの価格を小さくする」等書かれていますが、現実的にはそこには相当大きな罠があります。まずは、ナンピン買いの方法について分かりやすく記述しておきます。例として1ドル=100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いなので円安ドル高に向うほど黒字を得られますが、運悪く95円までドル安方向に向ったとします。この状態で持ち続けたとしたら、マイナスをなくすためにはドル安になった分、円安ドル高が進まなければなりません。誰でも、マイナスは出来るだけ早く回復したいと願うでしょう。ここで最初に取引したのと同じ量の$を1ドル95円でエントリーします。そうしたら、ポジションの買い付けコストは1ドル=97.50円まで低くすることができる。この結果、2.50円の幅で円安が進行すれば赤字を回復できる。この流れがナンピン買いのロジックだ。このような、ナンピンの方法を目にすると、「その通り」と考えたりするがそう簡単に思うようにはいきません。そもそも、1ドル95円より下がらないとはわからないのである。もしも、為替相場がドル安基調であれば、1ドル=95円ではとまらず、より一層円高ドル安に向う危険性が高くなります。一例として、1ドル97.50円でナンピンをしたにもかかわらず95円まで円高ドル安に向ったらナンピン買いを入れた分についても、差損が生まれてしまいます。そういう状況では一番初めに注文したドルと合計で、二重のマイナスを被ることになります。このように、ナンピン買いは厄介です。では、マーケットが自身の脚本とは逆向きにさっと向う場合、どういう対策で危険を軽減すればいいのだろうか。そこで選べる選択肢は2つだけあります。まずはじめは観念して損切りをすること。ふたつめは、今現在、自分か保有しているポジションを縮小することで、改めてマーケットがリカバリするのを動かないで待ち望むことです。ちょっと消極的なやり方だと思う方もいます。だけど、所有している買いポジションにマイナスが生じた時一番正しい手段はそれ以外には考えられない。言うまでも無く、理屈の上では、ナンピンする手法もありえます。だけどナンピン買いはあなた自身が損失を披っている場面で買いポジションを減らすどころか遂に買いポジションを買い増していく方法である。この方法では、危険を制御することなど、到底無謀だと思うべきです。ナンピンを続ければいつの日にか勝てるかもしれません。だけど、それ以前に投資資金がショートしてしまうだろう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.drepla-gifu.com All Rights Reserved.